Windowsベースの小型PCボード

リンクスインターナショナルがWindowsベースの組み込み向け小型PCボードを発売すると発表。
1枚の基板上にCPU、メモリ、ストレージとOSの動作に必要な機能を全て搭載、GPIOポートの追加までしているという。

これ、小さいし何より全機能もあるから、研究材料にはうってつけかもしれませんね。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/092302774/ph01

新しいキーボードを買った

前から使っているノートのキーボードで今まで通り作業してもいいんだけど、どうしても画面と近くなっちゃうから目が疲れちゃうんですよね。 あと本体の段差もあるので、どうしても長時間打ってると腕が痛くなることも(そのせいで先週整骨院でマッサージしてもらいました)。

なので、コスパ優先して安いキーボードを買ってみました。 ユーザレビューを見てもかなり高評価なので、これにしようと決めましたw
ヨドコムで頼んだから明日の朝には届きそう。

PC内蔵ワイヤレスデバイスが逝った

このPC買ってからかれこれ4年が経ちますが、とうとう内蔵されているワイヤレスデバイスが逝きました(´・ω・`)
なので、親父が持っているBUFFALOのAirStation Wireless-Gを借りて、一応の接続は出来ました。
Wireless-Gを使うためのクライアントマネージャデータは一度スマホに保存し、PCに繋いでデータを抜き出してインスコしたので、無事に接続できてほっとしました。

新しいPCも欲しいけど、社会人になってから考えよう。

Sacrifice The Novel 体験版配布

TitleGraphic

こっそりと体験版を作っていたので、ここで掲示。
Novel版ですが、どういう感じかを知ってもらいたいので体験版を配布しました! 収録されているストーリーは体験版オリジナルなので、実際の作品には一切収録しません。 尚且つ人物の関連性も一切ございませんので、そこはご了承を。

この体験版ですが、かなり違和感を抱くような内容になっています。 一度プレイするだけだと恐らく「なんだこりゃ」ってなりますが、繰り返しやると違和感のヒントが出てくるかも・・・。

↓ダウンロードページはこちらになります↓
http://gundamania.wixsite.com/sacrifice-website/sacrifice-the-novel

※スマホからはダウンロードできません。 PCよりアクセスをお願いします。
※出血描写はありませんが、文章中に過激な表現が含まれています。

Sacrifice The Novel

76dbf7_3c40af3271b24d69978125a94dcb6265~mv2

え、もう配信まであと26日なの? うっわ信じらねぇ(棒)
ということで、Sacrifice The Novelについてこのブログで軽く説明します。

このゲームは本編「Sacrifice」の外伝的な位置づけにはなっていますが、時系列は本編とリンクしています。
何故かこっちが先に配信されるというワケの分からないスケジュールですが、そこはまぁご愛嬌ってことで。

ノベル、ということでゲームはその通りサウンドノベルです。
↓こんな感じ。
スクリーンショット 2016-09-01 17.15.51
基本的にストーリーを読む形で進めますが、時折出現する選択肢によってルートが変化していきます。  その為、あなたの選択肢によって、誰かが死ぬという事にもつながります。 自分でよく考えて選択肢を選ぶことが重要です。

ちなみに主人公は全部で6人。 なおかつ1人あたりのエンディング数は8つにもなります。 もちろん、その8つのうち1つが正規エンドとなるので、それを目指してみましょう。
一応、1人あたりのストーリーの長さは30分程度で収まるように調整してあります。

このノベル版を是非プレイし、後日配信される本編をプレイすれば、より楽しめるのではないかと思います。


タイトル:Sacrifice The Novel
対応機種:PC
ジャンル:サウンドノベル
配信日:10月1日
価格:無料
プレイ人数:1人
対象年齢:15歳以上の方が推奨されます。